admin – これでわかる!掌蹠膿疱症のいろは http://primebarminneapolis.com アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症あるいは小児乾燥性皮膚炎ではバリア機能の保持のため、季節に応じたスキンケアが特に重要です。 Sat, 06 Sep 2014 14:01:55 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.8.2 再発防止のために http://primebarminneapolis.com/2014/09/06/%e5%86%8d%e7%99%ba%e9%98%b2%e6%ad%a2%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab/ Sat, 06 Sep 2014 14:01:55 +0000 http://khalednordin.com/?p=21 アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症は、一時よくなったかに見えても季節や環境等によって再発する可能性が高いです。

では、再発した時の原因を考えてみましょう。

例えば夏に悪化するのか、冬にひどくなるのか、脂っこい外食を続けてひどくなったのか、睡眠不足が続くと起こるのか、これらの原因を見つけて減らすことが大切です。

何度も再発を続けると、そのうちに1年中起こるようになります。

防止のためには、調子のよい時でも保湿クリームを使い、皮膚を清潔にし、環境を改善し、再発しないようにすることが大切です。

毎日運動をし、汗をかき、その後は必ずシャワーを浴びて保湿クリームを塗るようにします。

生活は和食を中心にし、脂っこいもの、甘いもの、辛いものは避けるようにします。

水道水の中の塩素は、皮膚をカサカサにしてかゆみを増やすので、塩素を減らすように工夫しましょう。

安価で簡単な浄水器や強電磁波器具(考案中)、発酵野草酵素入浴剤(検討中)などを利用して塩素をなくすことも手です。

睡眠時間は1日7時間以上とり、ストレスを溜めないことにより、自律神経を安定させます。

そして、塗り薬に頼らずに、抗アレルギー薬の服用を3カ月~6カ月続けることです。

そうすることによって、体の中でアレルギー反応をひどくさせる免疫細胞の数が正常に戻ります。

また、小児の場合は成長と共に治ることもありますが、思春期を過ぎるとステロイドだけでは改善しないことがあります。

■関連URL:http://chieco.cosme.net/board/board_id/2054

]]>
入院治療のメリット http://primebarminneapolis.com/2014/08/15/%e5%85%a5%e9%99%a2%e6%b2%bb%e7%99%82%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88/ Fri, 15 Aug 2014 11:00:40 +0000 http://khalednordin.com/?p=19 入院治療のメリットとしては、環境的にアレルゲンから離れられることです。

加えて、投薬を病院が管理してくれるため、薬を適切に使用できます。

そのため。

副作用の心配をしなくても済むのです。

入院したほうがよいかどうかの目安としては、皮疹の状態が広い範囲に渡っていること、程度がひどいこと、真っ赤になっていること、通院していても改善がみられないなどが見られる場合です。

このようなひどい炎症状態が長い問続くと、体温調節機能が失われたり、乾燥によって皮膚呼吸が困難になり、皮膚の表面から目に見えない水分の蒸発が増えてしまうなどして、正常な皮膚の機能が果たせなくなってきます。

これにより、脱水状態、微熱、吐き気のほか、細菌感染、ウイルスの侵入などが起こりやすくなります。

よって入院の目的としては、なるべく短期間にひどい状態を抑えて、皮膚の正常なバリア機能を取り戻すこととなります。

期間は炎症の度合いによって異なりますが、1週間~3週間ぐらいでしょう。

また、皮膚が厚くなり硬くなってしまっている場合には、長期間の入院が必要な場合もあります。

無塵病室もありますが、それは重症患者を取り扱うときに使用されます。

しかし、数週間の入院を経て退院した後、再び元の生活環境に戻ったら、アトピーの悪化を繰り返してしまうのでは何の意味もありません。

そうならないように原因究明と除去、周囲の生活環境の改善を行っていくが非常に重要となります。

]]>
代表的な皮膚病 http://primebarminneapolis.com/2014/07/20/%e4%bb%a3%e8%a1%a8%e7%9a%84%e3%81%aa%e7%9a%ae%e8%86%9a%e7%97%85/ Sun, 20 Jul 2014 02:59:53 +0000 http://khalednordin.com/?p=17 皮膚は弱く、雑菌が入りやすいため、ほかの皮膚病を併発する率は高いといえるでしょう。

併発しやすい皮膚病のなかで主なものは、①伝染性膿痴疹いわゆる「とびひ」といわれる病気です。

主に子供に見られ、大人は稀です。

夏場によく見られ、アトピー性皮膚炎や虫刺されなどで引っかいて傷ができた場所に、黄色ブドウ球菌が感染して、その菌が産生する毒素を含んだ滲出液が接触するとかぶれます。

この滲出液は、粘調性が高いため、ただでさえかぶれます。

食事のスープや遊び用の粘土と同じように、体にくっついて自然乾燥をして皮膚から水分を吸い取り、液体や粘土のひび割れと同時に皮膚に炎症が起きます。

これは、庭の手入れをしたときなどに、樹木汁によるかぶれや、虫をつぶしたときに出る内臓液や分泌液によるかぶれと同じものです。

症状としては、まず柔らかい水疱がどんどんできてきて、それがすぐにつぶれてただれて、白もしくは黄色のカサブタになります。

②カポジー水痘様発疹症単純ヘルペスというウイルスで起こる感染症です。

単純ヘルペスとは、ふつう口のまわりや陰部に水疱を繰り返しつくるウイルスで、風邪をひいたときにくちびるや口角に生じる水疱がそれです。

この単純ヘルペスウイルスが広い範囲に広がって、発熱などの全身症状を伴うものをカポジー水痘様発疹症といいます。

治療には、注射薬による治療を入院して行なう必要があります。

このウイルスはいったん症状がおさまつてもウイルスが一部潜伏して残るため、再発を繰り返す例もあります。

◇参考記事:http://www.myclinic.ne.jp/imobile/contents/medicalinfo/gsk/top_topic/topic_41/mdcl_info.html

③伝染性軟属腫いわゆる「みずいぼ」で、軟属腫ウイルスによって起こります。

皮膚に半球状に盛り上がった正常色もしくは白褐色の小豆大の丘疹が、ポツポツと点在し、お風呂やプールに入った際の皮膚と皮膚との接触によって伝染します。

治療は、専用のピンセットでつまんでとります。

以上3種類は、どれも細菌やウイルスの感染が原因となる病気ですので、皮膚と皮膚との接触で伝染します。

したがって、兄弟をお風呂に入れるときなどに注意が必要です。

]]>